紫外線吸収剤は肌にどう悪いのか

肌への紫外線吸収剤の影響

BBクリームの商品選びをする際に、紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)かどうかをまず見る、という方も多いのではないでしょうか。

紫外線吸収剤は肌に負担がかかる、肌に良くない、とよく言われます。
毒性があるとも言われますが、実際には肌へどのような弊害があるのかを調べてみました。

紫外線は夏が一番きついイメージがありますが、冬も紫外線は降り注いでいますし、室内であっても言ってみれば紫外線を受けています。
(そこまで気にすると、きりがなくなってしまいますが・・)

夏場の紫外線が大量に降り注ぐ時期は、UVカット、紫外線対策にはいつも以上に気を遣う必要があります。

シミ、しわ、皮膚ガンの原因ともなる紫外線

紫外線はシミ、しわ、皮膚ガンなどの原因となってしまいます。

エイジングケアから考えても、健康上から考えても紫外線をしっかりカットする事は大切。

紫外線対策はとても重要ですね。
肌が老化する大きな原因を作り出してしまいます。

その際に日焼け止めクリームやUVカットの製品を使う事になりますが、そこで目にするのが、

・紫外線吸収剤
・紫外線散乱剤

です。

紫外線吸収剤は開発メーカーにとっても使い勝手が良く、透明。
そのため、多くの化粧品や日焼け止めクリームに使用されています。

ただし、以下の理由から肌には負担がかかり(接触皮膚障害)良くないと指摘されています。

実際、日焼け止めクリームなどに配合できる量が規制されていることをご存じの方も多いと思います。

しかし、化粧品を複数使用することで総量で多くなってしまう可能性がありますから、ここは気をつけたい所です。

紫外線吸収剤が紫外線をカットする仕組み

紫外線吸収剤は、皮膚の表面で紫外線を吸収、熱などのエネルギーとして変換、放出して紫外線が皮膚に浸透するのを防いでくれます。

このときの化学反応が肌へ負担が大きいと言われます。
化学反応時に一部の分子が肌に残ってしまい、それが刺激となっているそうです。

代表的な紫外線吸収剤としては、

・メトキシケイヒ酸オクチル
・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・オクチルトリアゾン
・パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシル

などがあります。

BBクリーム、日焼け止めクリームなどは、各商品の公式サイトには全成分表が掲載されているはずですから、気になる方は全成分を調べると良いでしょう。

紫外線吸収剤に対して、紫外線散乱剤は肌に優しいと言われますが、白浮きしやすい問題があります。

ただし、塗り方の問題もありますからそれほど目立つほど白浮きしない、という方もいます。

肌へ優しいBBクリームを選びたい、ということであれば、

「紫外線吸収剤不使用」
「紫外線吸収剤フリー」
「ノンケミカル」

と表示があるBBクリームを選んでみてください。

最近の売れ筋、人気BBクリームの中では、

アヤナスBBクリーム
パーフェクトBBクリーム
桜花媛ナチュラルBBクリーム

などがあります。